So-net無料ブログ作成

融資してもらいたい額のポイント

お金を借りるためにキャッシング業者へ行くと、申請するための紙を受け取ります。

そこには色々個人情報を記さなければならないわけですが、勤務先に関することを書くスペースがあります。

そこに記入した勤務先に、キャッシング業者は連絡して、本当に借入者が勤務しているのか確認するわけです。

そのために勤務先の会社名や住所、電話番号などを記さなければならないわけですが、働いている年数を書くスペースもあります。

この勤続年数に関してですが、フリーターでは数ヶ月も一年も融資額への影響は少ないようです。

あまり正確に調べないようです。

ですが、公務員や企業員などの場合、勤務している年数は、融資してもらえる金額を決定する大切なポイントとなります。

当然、勤務年数が長ければ長いほど融資額もアップしていくわけです。

そのために誤った勤務年数を書きたくなる人もいると思いますが、あまりオススメしません。

働いて数年なのに10年以上などと記すと融資を受けられないこともあるので、きちんと書くようにしましょう。

また、意外ですが年収は融資額を判断する基準にはなりません。








AX

AX
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。