So-net無料ブログ作成

日本国の競走馬レース

日本の競馬について紹介したいと思います。

日本国で今の西洋式の競走馬レースがされるように成りましたのは19世紀の終わりのことでした。

競馬レースは横浜の外国人居留地で、外国人によって競走馬レースが始ったのが発端だと言われております。

そして其当時のホースは質が西洋の競走馬に比べると凄く低かったそうで、何度も競走馬レースに適したホースを品種改良して積極的に当国での競馬レースを国も奨励したそうです。

国内で初めてホースレースの「馬券」が販売されるようになりましたのは、1923年の事だと云われているわけです。

この時に旧競馬法も決められたそうです。

国内のホースレースは国が統括しているといえます。

競馬レースは地方競馬、中央競馬が有りますが、それぞれが公営の競技に成っています。

ですから簡単にいえば日本の競馬は公営の博打と言うことにもなるとかんがえられます。

当国ではホースレースの「馬券」を売買するのは特殊法人の、国内中央ホースレース会か地方自治体だけが実施してもいい事に規定されているそうですわけです。

日本では有力の競走馬が「芝」競走に流れてしまって、「ダート」で結果が出る競走馬は一度は「芝」で使用されると言うことがあるんだそうです。

日本国の競走馬レースは平均してレースの賞金が高くて海外の賞金よりも高いRACEもあるといわれておるわけです。

日本国の競走馬レースの特異点としては、昨今ではスピード化が激化していて「芝」がすごく軽いことから、スピードといかに瞬発力が早いかが勝敗を決めることになってます。








AX

AX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。